リステリンは子供にも効果ある?

私には5歳になる娘がいます。

 

世界一可愛い女の子なんですが、(←親バカ)
最近、可愛くない問題が発生したのです。

 

それは…、口臭です。

 

正直、息がドブ臭いんです。

 

そこで自分用に使っているリステリンを使わせようと思ったんですが、
「リステリンって、子供でも使えるのかな??」
と、心配になって色々調べてみました。

 

 

子供の口臭に悩んでいる方は参考にされて下さい。

 

 

結論から知りたい方はこちらをどうぞ!
>>リステリンは子供に何歳から使えるか?危険性は?オススメ口臭対策は?

 

 

リステリンは子供でも使える?何歳から?


まず、リステリンの公式ホームページの情報を探してみて
「リステリンは子供にも使えるのか?何歳から使えるのか?」
を、調べてみました。

 

すると、6歳以上からなら使えるようでした。

 

●推奨使用年齢:6歳以上(6歳未満の使用には適しません。)
リステリン公式

 

 

「6歳以上かぁ…
5歳児には微妙だな…。」

 

と思って、子供用のリステリンはないのかも調べてみました。

 

 

子供用の”リステリンキッズ”はどこで買える?


子供用のリステリンを調べてみると、
リステリンキッズ
という商品を見つけました!

 

  • 刺激のないアルコール0%
  • ストロベリーフレーバー

 

価格も大人用リステリンと同じくらいでした。

 

 

ただ…、
英語表記の商品しか見つけられませんでした。

 

買えないことはないんですが、
日本向けの商品じゃないようなんですよね…。

 

これなら、ちゃんと日本国内向けに販売されている
子供用マウスウォッシュの方が良いのかなと思いました。

 

(モンダミンキッズとか、クリニカKid’s デンタルリンスとか)

 

 

リステリンは子供の口臭にも効果あるの?


普段何気なく使っていたリステリンですが、

 

「そもそも、子供の口臭にも効果あるのか?

 

と思って、効果や成分についても調べてみました。

 

 

結論から言うと、
リステリンは子供の口臭にも効果はありそうです。

 

 

公式サイトを見てみると、
リステリンの原理作用が書いてありまりました。

薬用リステリンRの有効成分の働きにより、以下の効果が得られます。
1.歯肉炎の予防
2.歯垢・歯石の沈着防止
3.口臭の予防

 

お口の臭いの大きな原因の一つが、歯垢・歯石や舌苔に潜んでいる細菌です。口臭が気になる方にありがちな「口の中がネバネバする」という感覚は、まさに細菌が増殖している状態。薬用リステリンRで歯や歯茎、舌、口腔粘膜を殺菌することで、口臭の原因となる細菌を除去することができます。
リステリン公式ホームページ

 

口臭の原因(細菌の繁殖)を抑制する効果がある
ということなので、子供の口臭にも効果はあると言えそうです。

 

 

リステリンは子供に悪い影響はない?飲み込んだらどうなる?


リステリンを子供に使わせる上で一番心配なのが、
過って飲んでしまった場合の危険性でした。

 

そこで”飲んでしまったらどうなるのか”調べてみました。

 

 

リステリン公式が出しているトラブル対応は次の通りでした。

Q.リステリンを誤って飲んでしました。どうすれば良いですか?
A.直ちにコップ一杯分くらいの水を飲み、様子をみてください。少しでも異常が現れた場合やご不安な場合には医療機関にご相談ください。
または、日本中毒情報センターでも24時間365日ご相談を承っております。
一般の方は072-727-2499、医療機関の方は072-726-9923におかけください。
リステリン公式ホームページ

 

なるほど…、
「水を飲んで様子を見る」をすれば良いのか。

 

って、いやいやいや、
飲み込んだ場合の危険レベルが知りたいですけど?

 

(つまり、「どれくらいヤバいのか?っていう。)

 

 

ということで、
リステリンの有効成分の危険度(毒性)についても調べてみました。

 

 

子供がリステリンを飲み込むとどれくらい危険?【副作用・毒性】


リステリンの子供への危険性を調べてみました。

 

結論から言うと、結構ヤバそうでした。
(※飲み込んだ場合)

 

 

まずは、リステリンの全成分を調べてみました。↓

配合目的 成分 成分の特徴
溶剤 エタノール 薬用リステリンR の有効成分を溶解するための成分です。

有効成分

1,8-シネオール
チモール
サリチル酸メチル
?-メントール

 

いずれも殺菌作用がありますが、これら4種を独自に配合することにより、バイオフィルム(細菌の塊)に対する殺菌能力を発揮します。

保存剤 安息香酸 製品の腐敗を阻止します。
溶解補助剤 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール 水に溶けにくい成分を溶けやすくします。
着色剤

カラメル(オリジナル)
黄203、緑3(フレッシュミント・ナチュラルケア)
緑3(クールミント)
青1(ターターコントロール・トータルケア)
赤102(トータルケア)

薬用リステリンR の色を作ります。
PH調整剤 安息香酸ナトリウム 規定されたPHの値にするために使用します。

リステリン公式ホームページ

 

リステリンにはいくつかの成分が入っていますが、
特にポイントになるのは“有効成分”でしょう。

 

(“1,8-シネオール、チモール、サリチル酸メチル、?-メントール”)

 

これらは、殺菌効果のある成分ですからね。

 


そこで、リステリン有効成分の副作用・毒性について調べてみました。

 

リステリン有効成分

危険度

1,8-シネオール

飲み込むと有害のおそれ

チモール

飲み込むと有害

サリチル酸メチル

飲み込むと有害

?-メントール

飲み込むと有害のおそれ

参考サイト:
厚生労働省 職場のあんぜんサイト
厚生労働省 化学品の分類及び表示に関する国際的調和システム(GHS)について

 

 

 

 

というわけで、
リステリンを飲み込んだら、普通に有害でした。

 

思った以上にリスクがあるみたいです…。
(怖ッ!)

 

(前に、リステリンを飲んでいた過激系ユーチューバーを見た気がするけど、あの人たちは大丈夫だったのかな…?)

 

 

ただ、あくまで“飲み込んだ場合”の毒性なので、
口の中をゆすぐだけなら、(つまり、吐き出せば)問題ないと思うんですけどね。

 

ただ、子供が使うとなると飲み込まない保証はないですからね…。

 

 

やっぱりちょっと怖いかな…、
子供にリステリン使わせるのは。

 

 

ということで、
他に、子供の口臭をなくす安全な方法を探してみることにしました。

 

 

リステリン以外に子供にオススメの口臭対策は?


「そもそも、子供の口臭の原因って何だ?」
と思って、調べてみました。

 

すると、口臭の原因のほとんどが“口の中の汚れ”によるものだと分かったんです。

 

3.病的口臭
鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気、糖尿病、肝臓疾患などが原因で口臭が起こる場合もありますが、病的口臭の90%以上は口の中にその原因があり、歯周病、むし歯(う蝕)、歯垢(しこう)「歯の周りに付く細菌の固まり」、歯石、舌苔(ぜったい)「舌の表面に付くコケ状の細菌の固まり」、唾液の減少、義歯(入れ歯)の清掃不良などがあげられます。
公益社団法人 日本口腔外科学会

 

 

「もしかして、胃や腸が悪いのかな?」
とも考えていたのですが、
まずフォーカスすべきは口の中のケアのようです。

 

 

「いやぁ…、でも、歯磨きはちゃんとさせてるけどな…。」
と思って、
次に“子供の歯磨き”について調べてみました。

 

 

子供の口臭に役立つデンタルケアアイテム!【3つの条件】


子供の口臭予防のための歯磨きについて調べたところ…

 

ちゃんと歯磨きするだけでなく、
“雑菌が繁殖しにくくする”ことが大事のようでした。

 

「雑菌が繁殖しにくくする」には、
殺菌成分入りの歯磨き粉やマウスウォッシュを使うのが良いようです。

 

ただし!

 

それは、これらの殺菌成分は、飲み込んだ場合に毒性があるものが多いので、
子供に使わせるには怖いんですよね…。

 

(そう、リステリンみたいに。)

 

 

そこで、次の条件に合うものを探しました。

 

  • 殺菌効果がある!
  • 飲み込んでも大丈夫!

 

(「そんなものあるのか…?」と、あるのかどうかも疑問でしたが。)

 

 

子供の口臭効果があって安全性も高い歯磨きジェル発見!【体験談】

 

子供の口臭ケアアイテムを探していると、
良さそうなのを見つけました!

 

  • 子供の口臭予防のための歯磨きジェル
  • 安全性の高い殺菌成分“二酸化塩素(ClO2)”配合なので飲み込んでも大丈夫!(←ここがポイント!
  • カラくないピーチ味

この商品の詳細>>alito(アリート)

 

 

早速、買って試してみました。

 

その結果…、
正直最初は、口臭への効果は良く分かりませんでした。

 

「騙されたかも。。」
と思っていたんですが…、

 

この歯磨きジェルを、
“歯磨きの仕上げに、歯全体に塗り込んでおく”
という使い方をすると、
口臭は即効で改善されました!

 

(もっと早くこれをつかっておけば…。)

 

 

デメリットとして感じたところは、
“ジェル”なので、使い慣れるのに時間がかかったことですね。

 

(とろみのジェルなので、歯ブラシでしっかり歯全体に行き渡らせる必要があるんですよね。)

 

でも、子供は全然嫌がらず受け入れてくれたので安心しました。

 

 

リステリンは子供に何歳から使えるか?危険性は?オススメ口臭対策は?【結論】

 

まとめです!

 

  • リステリンは6歳から使える!(リステリン公式サイトより)
  • リステリンは飲み込むと危険!(有害)
  • 子供の口臭対策には“殺菌力が高くて、飲み込んでも安全なもの”がオススメ!
  • 子供の口臭予防専用歯磨ジェル“アリート”は、安全性が高くて、効果もバッチリだった!

 

 

alito(アリート)の詳細
※私が購入したときはキャンペーン中で半額以下でした!

 

 

 

商品について詳しくは、このサイトも参考にしました。
アリート(alito)の効果の口コミは?